【2022年】ニュージーランドで銀行口座を開く方法-KIWIBANK編-

New Zealand

前回ANZ銀行の口座開設方法について記事を書いたのですが、今回はKiwibankでの口座開設方法について書いていきたいと思います。

多くの方が銀行口座開設のプロセスの遅さにモヤモヤしている中、Kiwibankは最短1日で口座開設が完了できていますので、おすすめです!(2022年9月現在)

必要なものはこの3点。

  • 日本のマイナンバーカード
  • ニュージーランドの携帯番号
  • 証明可能なニュージーランドの滞在先(ホームステイ・寮・バックパッカーも可)

スポンサーリンク

Kiwibankって?

KiwibankはもともとNZの郵便局であるNZ Postの傘下内で作られました。日本でいう「ゆうちょ銀行」ですね。今ではニュージーランドの大手銀行の一つとして成長し、以前は郵便局業務と銀行業務の両方を兼ねていましたが、ほとんどが独立した支店を持つようになりました。

Kiwibankがオススメな点

とはいえ、NZの他銀行と比べると知名度はまだ少し低い方・・・。でも今回はそこが狙い目!

現在銀行口座の申請から開設までの審査にかなりの時間を要している大手銀行に比べるとKiwibankは、

  • オンラインでの申請後、24時間以内には開設できる
  • 身分証明・カード受け取りなどで支店へ出向く際、予約なしでも対応してくれる可能性が高い

と、早く口座を持ちたい方にはオススメなポイント!

しかも前述したようにKiwibankはNZ Postと繋がりがあるため、両方の業務を行っている支店へ行くとNZのTaxナンバーであるIRDも同時に申請が出来るという利点があります。

Kiwibankがイマイチな点

逆にKiwibankがイマイチな点・・・

銀行としての機能自体は他の銀行と比べても特に差は感じられませんが、一つ挙げるとすれば支店数が少ないことでしょうか・・・

車をお持ちであれば少し郊外であっても簡単に出向くことができますが、学生さん・ワーホリで来られたばかりの方には最寄りの支店を見つけるのが少し難しいかもしれません。

また、今回ご紹介している申請方法はNZの携帯番号が必要なため、”現地到着後”にしか申請できませんのでご注意ください。

口座開設申請方法

それでは申請方法についてご紹介します。

現在、NZはどの銀行もオンラインでの申請を勧めています。

まずはKiwibankのホームページから「Join Kiwibank」をクリックします。

「I would like an account for・・・」と出てくるので、ドロップダウンリストより「just me」を選択します。

「以下の条件を満たしていれば、オンラインでの口座開設が可能」という通知が出てきます。

  • 13歳以上である
  • ニュージーランドに住んでいる
  • 就労又は学校に通える資格がある
  • NZの携帯電話番号を持っている
  • 過去にKiwibankを利用したことがない

以上がオンライン申請ができる条件です。

続いて銀行口座開設までの手順が表示されます。

2番目の本人証明ですが、スマホやRealMeのアカウントを持っていればオンライン上ですべて完了できるのとあるのですが、これは基本的にニュージーランドの市民やパスポート保持者を対象としているので、外国人である私達は必要資料を持って最寄りの支店へ出向く必要があります。

ここからは個人情報を入力します。

「Title」はMr. Mrs.など、ご自身の名前の前に何とつけたいかを選びます。

「First name」と「Last name」はID(この場合はパスポートが確実です)に記載されている名前を入力します。

続いて「Email」アドレスも。

「NZの携帯番号」と「生年月日」、NZ国内での「住所」を入力します。

住所の部分は後日IDを提出する際に証明レターが必要になります。(詳細は後ほど)

Kiwibank Privacy Policy と General Terms & Conditions へのチェックも忘れずに。

ここからは税金に関する質問です。NZに入国されたばかりであればNZのTaxナンバーであるIRD numberはまだ持っていないと思うので、お持ちでない場合は空欄のままで大丈夫です。

その次の「Are you a tax resident in any other countries?」の質問はYesと答え、日本のマイナンバーを入力します。

ここで「Yes」を選択すると下の画面が出てきます。
ここで「Japan」を選択し、「ご自身のTax number(TIN)を知っていますか?」という問いに「Yes」と答え、マイナンバーを入力。

次はこの口座を使う目的や職業に関する質問です。

「What’s your main reason for joining Kiwibank?」の問いにはドロップダウンメニューの回答肢から選びます。こちらは「Everyday Transaction Services」で大丈夫かと思います。

「What’s your occupation?」の部分は学生ビザの方は「student」、ワーホリの方は「Unemployed(無職)」で大丈夫です。

「Are you a registered Financial Services Provider?(あなたは金融サービス業者ですか?)」という問いは「No」を。

次の質問は「Other than salary and wages, do you receive funds from any of the following industries?(給与以外に以下の業種からお金を受け取っていますか?)」という問いです。

普通に日本で学生や仕事をしていてNZに来られている場合は、この質問は特に当てはまらないので「No」と答えるだけで大丈夫ですが、仮想通貨などで収入を得ている方は「Yes」を選択する必要がありそうです。

最後に、入力した情報が全て正しいことをチェックして「Join Kiwibank」をクリックします。

すると、先程入力した携帯番号に数字4桁のセキュリティコード番号が送られてきますので、それを入力してください。

その後、Emailに連絡が来るまで待ちます。大体24時間以内には届きます。

翌日、Kiwibankよりメールが届きました!

インターネットバンキングを登録

銀行から口座開設のお知らせが届くと、インターネットバンキングへの登録も可能になります。同時に携帯電話のSMSメッセージで仮のパスワードが届きます。NZはインターネットバンキングが主流なので、ぜひ登録させておきましょう。

こちらは携帯に届いたメッセージ

仮のパスワードを使ってログインさせると、まずパスワードの変更をするように促されます。
パスワード変更後はセキュリティ強化のための設問を3つ設定し、完了です。

銀行窓口で身分証明

Kiwibankからのメールが届いて、必要書類が揃ったら最寄りの支店へ。

必要な書類は以下の通りです。

  • パスポート
  • ビザのコピー(元本となるイミグレーションからのPDFも見せられるようにしておきましょう)
  • 住所の証明(ホストファミリーや滞在先からの証明レターを頂く。手書きよりもタイピングされたものがいいです。)

ホームステイやフラットの場合、証明レターの他に銀行へ電気や水道などの光熱費の請求書(6ヶ月以内に発行されたもの)も追加証明として提出しなければなりません。ホストファミリー、家主さんにお願いをして、事前に頂いておきましょう。

滞在先がホテルやバックパッカーである場合も滞在先から証明レターを作っていただく必要があります。銀行側は「会社のレターヘッドが付いたもの(その会社が専用で使う、ロゴや会社名などが印刷された便箋)を」と指定していますので、滞在先の受付で聞いてみましょう。

支店へ出向く際、基本的には予約が必要です。特に市内中心部やモール内の銀行は忙しいので予約必須だと言われる可能性があります。

ただこれまでの経験上、予約がなくても受け付けてくれる可能性も・・・。特に少し街中を外れるとNZ PostとKiwibankの両方業務を兼ねているようなオフィスがありますので、そういうところを狙うと予約なしでも受け入れてもらえます。

銀行口座開設に関して支店に一人で行くのは不安・・・という方、こちらからご連絡ください。お手伝いいたします😊

この記事がお役に立てれば嬉しいです。

あじさい(@ajisai_kiwidojo)

コメント

タイトルとURLをコピーしました